CiNii Book公開から現在までの改修について

2012年2月8日

2011年11月9日にリリースして以来、CiNii Booksでは以下の改修を行ってきました。
今後もさらに使いやすいサービスになるよう改善を続けていきますので、お気づきの点などお寄せください。

日付 内容
2011年11月17日
  • 詳細検索における必須入力項目をなくし、分類、件名、注記のみを指定しての検索が可能になりました。
2011年12月8日
  • 詳細検索において、ISSN, ISBNを指定した検索においてハイフンが無くても検索可能になりました。
  • 図書詳細画面において、件名と分類から再検索のリンクを追加しました。
  • 図書・雑誌詳細画面において、所蔵館一覧を図書館名称(読み)の五十音順にソートしました。
  • 図書館詳細画面、図書館略称と機関IDの項目を追加しました。
2011年12月15日
  • API利用の方へ: RDFのURLを指定しなくても、HTTPヘッダから判断してRDFを返すようになりました。
    図書・雑誌詳細画面(例:http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA91530328 )、著者詳細画面、図書館詳細画面においてHTTPリクエストヘッダのAcceptフィールドにて「application/rdf+xml」 または「application/*」「application」の指定が他のどの指定よりも優先度が高い場合には、RDFのURLへ誘導します。(※CiNii Booksのみ)
2011年12月22日
  • 詳細検索においてISBNの検索をする場合に、10桁で指定しても13桁のISBNにもヒットするようになりました。
2012年 1月25日
  • 詳細検索において分類を指定して検索する場合に、「*」をつけることにより前方一致検索が可能になりました。