CiNii Dissertations 試験公開について

2015年6月11日

2015年6月11日(木曜日)、「CiNii Dissertations - 日本の博士論文をさがす」を試験公開しました。


 学位規則の改正に伴い、2013年4月以降に授与された博士の学位に係る論文(博士論文)のインターネット公表が義務化されました。
 しかし、その公表先は各大学毎に異なるため、博士論文のサーベイは手間がかかり、調査漏れの不安が付きまとうものでした。
 CiNii Dissertationsはこれら博士論文の一元的な検索を可能にし、目的の論文へナビゲートするサービスです。

CiNii Dissertationsの主な特徴
  • CiNii共通の分かりやすいインタフェース


     図1:CiNii Dissertationsトップページ

     目的の論文を探します。

     図2:検索結果一覧画面

     国立国会図書館デジタルコレクション(博士論文)または各大学の機関リポジトリで本文が公表されている場合、赤枠内のボタンをクリックすると本文にアクセスできます。
     ただし、論文によって公開範囲は異なります。

     図3:論文詳細画面


  • 博士論文検索に特化した詳細検索

     学位授与大学名や取得学位名等で絞り込むことができます。

     図4:詳細検索画面

収録内容
 国立国会図書館及び各大学の機関リポジトリと連携し、博士論文の網羅的な収集、一元的な検索を可能にしています。
データベース名 提供機関 解説 収録件数
NDL-OPAC 国立国会図書館

◎書誌情報のみ

国立国会図書館が所蔵する資料のうち、国内の博士論文について収録しています。

約60万件
NDLデジタルコレクション 国立国会図書館

◎論文本文へのリンク

◎目次あり

◎インターネット公開/図書館送信限定/館内限定公開の区別あり

・1991~2000年度に国立国会図書館に送付された博士論文をデジタル化

・2013年度以降に学位授与され、国立国会図書館が電子形態で収集した博士論文

約13.1万件
機関リポジトリ 各大学

◎論文本文へのリンク

◎一部抄録あり

国内の大学等による、自機関の構成員による成果等を収集し公開しているデータベースです。

国立情報学研究所では国内の機関リポジトリの総合検索サービスJAIROを提供していますが、そのデータの中から博士論文にあたるものはCiNii Dissertationsでも検索可能にしています。

約13万件
 ※2015年6月11日現在の情報です。

詳しい使い方は CiNii Dissertationsのヘルプをご覧ください。