CiNii Articles - ご利用区分について - Pay Per View でのご利用

Pay Per Viewとは

ID未登録のまま、有料コンテンツの利用料金をその都度クレジットカードで決済する「Pay Per View利用」もできます。ごくたまにしかCiNii Articlesを利用する予定のない方にはPay Per View利用がおすすめです。
またIDを持っていても、ログインを忘れて利用すると「Pay Per View利用」料金が適用されます。

Pay Per View利用でできること

  • Pay Per View利用料金が適用されます
  • ご利用の都度クレジットカードで決済することで、有料コンテンツを利用できます。ただしIDを取得し従量制で利用するよりも料金が割高になるため、年に5回以上、利用する予定がある方は、IDを取得するほうがお得です。
  • 引用文献情報(参考文献/被引用文献)と一部の雑誌の抄録はPay Per View利用では閲覧できません。

    ※下記の引用文献情報は閲覧できません


    ※料金例

ご利用者区分 登録料金
(年額)
本文コンテンツ提供条件区分 お支払い方法
オープンアクセス 定額アクセス可能 有料
定額機関内でのご利用
ID未取得
0円
0円
0円
550〜3,132円
Pay Per View
クレジットカード決済のみ
※3
定額機関に所属される方
サイトライセンス個人IDでログイン
0円
0円
0円
※1
64〜2,646円
※2
クレジットカード決済のみ
※3
定額機関に所属していない方
個人IDでログイン
2,160円
0円
64〜1,134円
※2
64〜2,646円
※2
クレジットカード決済のみ
※3
定額機関に所属していない方
ID未取得Pay Per View利用
0円
0円
540〜1,620円
550〜3,132円
Pay Per View
クレジットカード決済のみ
※3

※1 定額制機関内の端末からのアクセスでも、「サイトライセンス個人ID」でなく「個人ID」でログインしていると利用料金が発生しますのでご注意ください。
※2 自学会員には料金優待を設けている学会もありますので、利用者情報として所属学会を登録することをおすすめします。
※3 デビットカードはご利用になれません。

  • サービスの範囲
    CiNii利用登録を行わずに、有料公開の論文本文を利用することができます。ただし、参考文献/被引用文献は閲覧できません。
  • 支払い方法
    ご利用の都度、クレジットカード(月毎)で決済していただきます。
    決済処理の都合上、クレジットカード利用明細の利用日付は、実際の利用日より後の日付が記載されます。あらかじめご承知おきください。