よくある質問 - CiNii Articles

下記の手順でご利用のユーザIDの確認が行なえます。

  1. CiNii Articles ページ右上よりログイン画面に入り、「CiNiiユーザIDを忘れた方」をクリック
  2. ユーザID検索画面にて、登録メールアドレスと登録名を入力
  3. 「ユーザID検索」をクリック

ご登録いただいたメールアドレスにご利用ユーザIDが送付されます。

下記の手順でパスワード再発行が行なえます。

  1. CiNii Articles ページ右上よりログイン画面に入り、「パスワードを忘れた方」をクリック
  2. 仮パスワード発行画面にて、ユーザIDと登録メールアドレスを入力
  3. 「仮パスワード発行」をクリック

初期化された仮のパスワードを登録いただいたメールアドレスに送付します。仮のパスワードの有効期限は24時間ですのでご注意ください。

所属する大学等による設定がされていれば、所属機関の学内認証システムでのログインが可能です。その場合のIDは大学にて配布されている共通IDとそれに対応するパスワードです。詳しくはご自身が所属される大学の図書館等にお尋ねください。
なお、「所属機関の学内認証システムでログインする方」の「ログイン」ボタンをクリックすると、機関選択画面が表示されます。機関名をクリックすると、所属機関のログイン画面に移動しますので、その画面で大学から配布されている共通IDとパスワードでログインしてください。
認証されるとCiNiiの画面に戻り、右上に「GakuNin」のロゴと機関名が表示されます。

利用申請完了後、すぐにCiNiiをご利用いただけます。
申請が完了すると、国立情報学研究所から確認メールが届きます。もし、メールが届かない場合は申請が完了していない可能性があります。お名前を明記の上、user-request@nii.ac.jpまで、必ずご登録いただいたメールアドレスにてお尋ね下さい。
※ ただし、オプション設定(ELS参加学協会申請)については、国立情報学研究所確認のため、少々時間がかかる場合があります。

個人IDとサイトライセンス個人IDの違いについてはご利用区分についてをご参照ください。
ご所属の機関が機関定額制にご参加の場合、下記の点からサイトライセンス個人IDをお勧めします。

  • 年間登録料金が無料
  • 定額許諾コンテンツの利用が無料

サイトライセンス個人IDはユーザIDがシステムによって自動付与(例:SP00000001)されることに加え、当該年度(3/31まで)のみ有効となっています。
ただし、継続手続きにより翌年度も利用が可能となります。利用継続手続きは、新年度4月1日以降、定額制機関のネットワーク内から行えます。
サイトライセンス個人IDはどのように継続するのですか?をご覧ください。

図書館員が利用者の代行検索をするためにIDを登録することはできますが、下記の点にご留意ください。(所属する機関が定額制機関であれば「サイトライセンス個人ID」を、定額制機関以外であれば「個人ID」を申請してください。)

(1)「サイトライセンス個人ID」を申請される場合
「学部学科・部署」に「図書館名」、「利用者氏名」は「係名」あるいは「個人名」をご記入ください。

(2)「個人ID」 を申請される場合
「学部学科・部署」に「図書館名」、「利用者氏名」は「個人名」をご記入ください。

※利用者にコンテンツを提供する際は、利用規程に沿った形で行っていただきますようお願いいたします。

いいえ。CiNiiには書誌情報のみで本文が搭載されていないデータもあり、その場合IDを取得しても本文は閲覧できません。CiNiiに本文がない場合の入手方法につきましては、CiNiiに本文がない場合は、どのように入手すればよいのですか?をご覧ください。また、ID登録前にご自身が閲覧を希望する論文本文がCiNiiに掲載されているかをご確認の上登録することをお薦めいたします。

CiNiiの個人IDあるいはサイトライセンス個人IDの申請が必要です。
CiNii Articles ページ右上から「新規登録」をクリックして、利用申請を行なってください。

ID 未登録のままコンテンツを利用する場合は、Pay Per View (都度払い)でも購入できます。ただし、IDを取得し従量制で利用するよりも割高になります。IDとパスワードを要求するウィンドウ内の「PPV 利用」をクリックしてください。

IDをご登録いただかなくても無料でCiNiiを利用できます。

CiNii Articles で無料でできること

  • 論文検索
  • 論文検索結果一覧の表示
  • 論文詳細情報の表示(一部学会誌の抄録、引用情報はご利用いただけません)
  • 本文入手支援(雑誌所在情報へのリンクなど)
  • 無料一般公開本文コンテンツの閲覧

本文がオープンアクセスで公開されているものについては、CiNiiにご登録いただかなくても無料でダウンロードが可能です。
本文が有料のものでも、Pay Per View(都度払い) で購入可能です。ただし、登録ユーザより割高な利用料金となります。多くの有料本文コンテンツを使うのであれば、個人登録をするほうがお得です。

CiNii Articles 機関定額制でできること
※無料でできることに加え、下記項目がご利用いただけます。

  • 論文詳細情報(抄録、引用情報含む)の表示
  • 本文入手支援(自機関のOPAC、リンクリゾルバ、雑誌所在情報へのリンクなど)
  • 定額許諾本文コンテンツの無料閲覧

CiNii Articles 個人IDあるいはサイトライセンス個人IDを取得するとできること
※無料でできることに加え、下記項目がご利用いただけます。

  • 論文詳細情報(抄録、引用情報含む)の表示
  • 本文入手支援(雑誌所在情報へのリンクなど)
    -サイトライセンス個人IDでログインの場合は、機関定額制内と同じ環境でご利用いただけます。
  • 有料コンテンツの割安な利用
    -本文が公開されていないデータも多数ございます。
エラーメッセージ 対処方法
ELSC0030:サーバの情報が取得できませんでした。 PCの時計が、NII-ELSサーバよりも20分以上ずれていると、このようなエラーとなります。
1. PCの時間設定をご確認いただき、正しい時間に設定して下さい。
2. 時間を設定し直しても、再度エラーがでる場合は、OS・ブラウザのバージョンと、該当論文名をciniiadm@nii.ac.jpまでご連絡ください。
ELSC05000:クッキー情報が取得できません。ブラウザでクッキーを受け付けるようにしてください。また、お使いの端末の時計がずれている場合、時刻を合わせて下さい。 ブラウザでクッキー(Cookie)を受け付けるように設定してください。また、お使いのPCの時計がずれている場合は、時刻を合せてください。
ELSC0501: 本文PDFの閲覧に問題が発生しています。 1. セッションが切れている可能性がありますので、再度検索から行ってください。
2. ご使用のブラウザでクッキー(Cookie)を拒否している場合がありますので、クッキー(Cookie)を許可するようにブラウザの設定変更を行ってください。
ELSC0100:サーバ情報とパラメタ情報が異なっているため、指定された処理ができません。 再度検索しなおしてください。
アクロバットでは解読できない等 本文を見るには、Adobe Reader のバージョン6以降が必要です。ご使用 Adobe Reader のバージョンをお確かめください。
その他のエラーメッセージについて 下記の内容をciniiadm@nii.ac.jpまでご連絡ください。
1. エラーメッセージ
2. OS・ブラウザ・Acrobat Readerのバージョン
3. 該当論文名
4. 操作手順

また、ブラウザの推奨環境をご確認ください。

【ID登録の上、ご利用の方】

ネットワーク上の理由でダウンロードに失敗した場合は、下記の手順で再度本文を参照してください。

  • CiNii Articles ログイン後、「設定」から「利用明細」の「コンテンツ利用履歴」をクリック。
  • 24時間以内に利用したNII-ELSの論文コンテンツは、論文タイトルがクリッカブルになっています。クリックをすると、NII-ELSにある論文本文を無料で参照することができます。

※ 24時間以内でも利用明細以外からご覧になられると、再度課金が発生します。
※ 利用明細に金額が記載されている場合、課金が発生しています。

上記の手順でもご利用できない場合は、下記の内容を明記の上、7日間以内に、ciniiadm@nii.ac.jpまでメールにてご連絡ください。
(1) ユーザID
(2) お名前
(3) 該当論文名
(4) OS・ブラウザ・Adobe readerのバージョン


【PPVにてご利用の方】

推奨環境をご確認の上、再度ご利用いただき、その結果と下記の内容を明記の上、必ず7日以内に、ciniiadm@nii.ac.jpまでメールにてご連絡ください。

上記の手順でもご利用できない場合は、下記の内容を明記の上、7日間以内に、ciniiadm@nii.ac.jpまでメールにてご連絡ください。
(1) ご利用日時
(2) 該当論文名
(3) 受付番号
(4) OS・ブラウザ・Adobe readerのバージョン

「CiNii PDF」「CiNii 外部リンク」のアイコンがない場合は、本文コンテンツがCiNiiデータベースに収録されていません。下記の方法のいずれかによりご自身で入手してください。
(弊所では論文掲載誌の取り寄せや複写等のサービスは行っていません)

(1)大学等にご所属の方

大学等にご所属の方は、附属図書館やメディアセンターなどにご相談ください。
自館で所蔵していない論文掲載誌でも、大学間のILL(図書館間相互貸借サービス)により、取り寄せることが可能です。

(2)大学等にご所属ではない方     

  1. 「収録DB:NDL」と表示されている場合
    国立国会図書館(NDL)が論文掲載誌を所蔵しています。同図書館では複写サービスも行っていますので、直接国立国会図書館へお問い合わせください。
    なお「NDL-OPAC」ボタンから国立国会図書館NDL-OPACへのリンクがあり、国立国会図書館の利用者として登録されている方は直接複写を依頼することができます。

  2. 「CiNii Books」のリンクアイコンがある場合
    CiNii Booksにて、論文掲載誌の所蔵図書館等を調べることができます。
    アイコンをクリックすると、当該論文掲載誌の雑誌情報のページが表示されます。
    画面中ほどの「大学図書館所蔵」の箇所に所蔵する大学図書館の一覧が確認できます。
    図書館名をクリックすると図書館の利用についての詳細が確認できます。また、図書館名横の「OPAC」ボタンをクリックするとその図書館のOPACに移動します。

    ※資料の利用を希望される場合は、下記の点にご留意ください。

    ○所蔵巻号を確認してください
    お探しの論文が【掲載されている巻号】を所蔵しているかどうか、所蔵図書館ごとの「巻号<通し年月次>」でご確認ください。

    ○必ず事前に所蔵図書館等にご連絡ください
    資料が貸出中・別の場所にある等、すぐにご利用いただけない場合や、事前連絡が必要な図書館等もあります。
    直接来館される前に、電話・e-mail等で図書館の利用条件や論文掲載誌の利用状況をご確認ください。

いいえ。登録時に発生する2,160円はIDの年間登録料です。有料本文を閲覧される際には別途料金が課金されます。 各論文の料金確認方法は、本文を見るといくらかかりますか?をご参照ください。

※個人IDは平成29(2017)年3月中に終了予定です。詳しくは【個人IDご利用の皆様へ】CiNiiサービスの変更予定についてをご参照ください。

料金は学協会・刊行物(雑誌)によって異なります。CiNii本文収録刊行物ディレクトリの刊行物名(すべての刊行物)より本文提供条件をクリックしてご確認ください。

検索結果から確認する場合は、論文情報詳細画面より、収録刊行物名右横の[収録刊行物詳細]をクリックし「本文提供条件」をお確かめください。
または、本文ボタンをクリックすると料金確認画面が表示されますので、そちらでご確認ください。
本文提供条件についてはNII-ELSの提供条件についてのページをご参照ください。

クレジットカード決済は月次で行われます。利用明細には CiNii(NII論文情報ナビゲータ)と記載されます。
PPVでご利用の場合、決済処理の都合上、クレジットカード利用明細の利用日付は、実際の利用日より後の日付が記載されます。あらかじめご承知おきください。

できません。IDのご登録、有料コンテンツ利用(PPV利用)はクレジットカード決済のみとなります。なお、ID登録なしでもご利用いただけます。

利用明細の最新1ヵ年分は、CiNiiログイン後、「設定」から「利用明細」にて確認できます。どの論文がいくらだったかは「コンテンツ利用履歴」をご確認ください。詳細は自分の利用明細を確認したいですをご参照ください。

できません。IDのご登録、有料コンテンツ利用(PPV利用)はクレジットカード決済のみとなります。ただし、デビットカードはご利用になれません。なお、ID登録なしでもご利用いただけます。登録しないと何も利用できないのでしょうか?をご参照ください。

利用者自身の住所・お名前・電話番号・メールアドレス等を変更したい場合は、CiNiiログイン後、「設定」から「利用者情報変更」にて手続きをお願いします。

CiNiiログイン後、「設定」から「利用明細」にてご確認ください。
「利用明細」では、下記を確認することができます。

  • 過去1ヶ年分のコンテンツ利用額(月別合計)が分かります。
  • 利用したNII-ELS論文本文の履歴(論文タイトルと個々の金額がわかります)が参照できます。

24時間以内に利用した本文コンテンツは、論文タイトルがクリッカブルになっています。クリックすると、論文本文を無料で参照することができます。ネットワーク上の理由でダウンロードに失敗した場合は、この画面から再度本文を参照してください。

[コンテンツ利用額(月別合計)と本文コンテンツ利用履歴 表示例]

CiNiiログイン後、「設定」から「クレジットカード情報変更」にてお手続きください。ただし、デビットカードはご利用になれません。

CiNiiログイン後、「設定」から「従量制コンテンツ年間利用限度額設定」にて限度額を設定してください。

Web上でお手続きが可能です。個人IDをお持ちの方には、有効期限の1ヶ月前に「CiNii利用継続のご確認」をご登録のメールアドレス宛てにお送りします。
引き続きご利用を希望する場合は、CiNiiにログイン後、「設定」のメニューから継続利用申請をお願いいたします。

※継続のお手続きが可能な期間は、有効期限より1ヶ月前~2ヶ月後までです。継続手続きをされない場合は自動的に退会となりますのでご注意ください。

※個人IDは平成29(2017)年3月中に終了予定です。詳しくは【個人IDご利用の皆様へ】CiNiiサービスの変更予定についてをご参照ください。

サイトライセンス個人IDは平成29(2017)年3月中に終了予定です。従って、継続手続きは不要となります。
詳しくは【個人IDご利用の皆様へ】CiNiiサービスの変更予定についてをご参照ください。

CiNiiログイン後、「設定」から「利用中止申請」にて中止お手続きをしてください。利用中止の場合も、既にお支払いいただいた年間登録料金は返金いたしませんので、ご了承ください。

機関定額制の申請はWeb上から行えます。

機関定額制をご希望の法人のみなさまへ

システム登録作業や接続テストを行う時間が必要ですので、利用開始希望月の前月の20日必着で、利用申請書をご郵送ください。遅れる場合は、必ずuser-request@nii.ac.jpまでご連絡ください。

申し込み方法は二通りあります。

(1) NIIに直接申し込み

※ 円建てで日本のみずほ銀行に送金していただく必要があります。

機関定額制の申請はWeb上から行えます。

機関定額制をご希望の法人のみなさまへ

システム登録作業や接続テストを行う時間が必要ですので、利用開始希望月の前月の20日必着で、利用申請書をご郵送ください。遅れる場合は、必ずuser-request@nii.ac.jpまでご連絡ください。

(2) 海外代理店を経由しての申し込み

現在、紀伊國屋書店、日本出版貿易株式会社、オークラ情報サービス株式会社 の3社が海外代理店です。お手続きにつきまして、詳細は海外代理店にお尋ね下さい。

海外代理店問い合わせ先

大学院生は「常勤の教員・研究者数」にカウントされません。

連絡担当者が登録したメールアドレスから、機関名・変更するIPアドレスを明記の上、user-request@nii.ac.jpまでメールでIPアドレス変更の依頼をしてください。
連絡担当者以外からのご依頼はお受けすることができませんのでご了承ください。連絡担当者を変更される場合は機関定額制の申請内容(住所、連絡担当者等)を変更したいです をご参照ください。

(1) 機関定額制管理者用のお手続きページ に管理者IDでログイン
(2) 機関情報変更を選択
(3) 機関情報変更画面にて変更
「種別」「名称」「常勤教員・研究者数」「使用IPアドレス」はここでは変更できません。
連絡担当者が登録メールアドレスから user-request@nii.ac.jpに変更をご依頼ください。

※ 管理者IDは、CiNiiの個人IDとは異なります。
※ 管理者IDとパスワードは利用開始時に連絡担当者様宛に文書でお知らせしています。
※ 管理者IDとパスワードの再発行をご希望の場合は、連絡担当者が登録メールアドレスから user-request@nii.ac.jpにご依頼ください。

継続手続きは年度末(2月~3月)にWeb上で行えます。

機関定額制利用継続手続きのご案内

継続手続きをされない場合、来年度のご利用は自動的に中止となりますのでご注意ください。

利用中止のお手続きはWeb上から行なえます。
ただし、利用中止の場合も、既にお支払いただいた年間定額料金は返金いたしませんので、ご了承ください。

CiNii本文収録刊行物ディレクトリ」からご参照ください。
また、収録誌タイトルリストダウンロードよりCiNiiにて提供しているNII-ELS収録誌のタイトル一覧がダウンロード可能です。

機関定額制で無料で閲覧できるタイトル一覧は定額アクセス可能刊行物一覧からご参照ください。

(1) 機関定額制管理者用のお手続きページ に管理者IDでログイン
(2) 機関定額制 利用状況照会を選択
(3) 利用状況照会画面

前日までのアクセス総数(延べ数)が確認できます。
各項目の内容は下記のとおりです。

  • CiNii検索
    • 「検索」のボタンをクリックした回数
    • 検索結果一覧で「次へ」「前へ」など一覧内のほかのページに移動した回数
    • 詳細情報画面にある著者名、キーワードをクリックした回数
    • 詳細情報画面右側の枠中にあるキーワードをクリックした回数
  • CiNii詳細情報表示
    • 検索結果一覧からタイトル等詳細表示へのリンクをクリックした回数
    • 詳細情報画面内の「English」, 「Japanese」をクリックした回数
    • 詳細情報画面右側の「参考文献」「被引用文献」をクリックした回数
    • 詳細情報画面内の参考文献/被引用文献一覧のタイトル、著者名をクリックした回数
    • 詳細情報画面内の参考文献/被引用文献一覧の「書誌情報」「参考文献」「被引用文献」をクリックした回数
  • ELS定額利用許諾コンテンツ表示
    • 「定額制コンテンツ表示」は「定額許諾」の条件で本文コンテンツを表示した回数
      (無料一般公開、有料公開のコンテンツは含みません)
  • サイトライセンス個人ID数
    • 入会  サイトライセンス個人IDを申請し、正常に利用されているID数
    • 退会  サイトライセンス個人IDを申請したが、退会もしくは継続手続きをしないで利用が終了したID数

※ 管理者IDは、CiNiiの個人IDとは異なります。
※ 管理者IDとパスワードは利用開始時に連絡担当者宛に文書でお知らせしています。
※ 管理者IDとパスワードの再発行をご希望の場合は、連絡担当者が登録メールアドレスから user-request@nii.ac.jpにご依頼ください。
※ 現在のところ確認いただけるのはCiNii Articlesの利用統計のみです。(2011年11月)

学術コンテンツサービス利用規程 第5条(学術情報等の著作権)2項二号「本サービスが有償であるか,無償であるかにかかわらず,また媒体の記録形式を問わず,前号後段に基づき得られた複製物を他人に対し提供,配布,貸与,譲渡及び公衆送信(自動公衆送信が可能な状態に置く行為を含む。)を行ってはならない。」により、CiNiiの本文コンテンツをILLに利用することはできません。

Walk in User の方も定額制機関内でCiNiiをご利用いただけます。ただし、サイトライセンス個人IDを取得することはできません。

図書館員がカウンターにて、対応している利用者のために検索を代行することは可能です。
また、図書館員がカウンターにて、対応している利用者にCiNiiの検索結果、詳細表示、本文コンテンツを印刷して提供することも可能です。その際、実費を図書館が徴収することも問題ありません。

なお、レファレンスサービスの一環として図書館員がIDを登録する場合は、図書館名でIDを利用申請できますか?をご覧ください。

※利用者にコンテンツを提供する際は、利用規程に沿った形で行っていただきますようお願いいたします。

平成18年度(2006年4月)より、COUNTERに沿った統計を提供開始しております。

利用することが可能です。
以下の手順で設定してください。

(1) 機関定額制管理者用のお手続きページ に管理者IDでログイン
(2) 「機関情報変更」のボタンをクリック
(3) 機関情報変更画面にて「Shibboleth利用」で「利用する」を選択し「次へ」→「設定する」
(4) NIIから承認完了の通知メールが届く
(5) 完了

なお、CiNiiに登録している「学校名・会社名」「学部学科・部署」と、IdPから送信されるjao、jaouの値が異なる場合には、上記が完了後さらに以下の設定を行ってください。

(1) 機関定額制管理者用のお手続きページ に管理者IDでログイン
(2) 「Shibboleth連携情報設定」のボタンをクリック
(3) 「追加設定」の欄にjao、jaou等を適宜記入し、「次へ」→「設定する」
(4) 完了

各大学の発行するユーザIDで様々なサービス(電子ジャーナル、データベースなど学術コンテンツを中心に)を共通利用するために、大学とサービス提供者との間で認証を信頼し合う仕組みです。
国内では、大学(学術機関)とサービス提供者との連合体である「学認:GakuNin」がShibboleth認証の枠組みとなっています。
大学からの参加を受け付けていますので、詳しくは「学認:GakuNin」のページをご覧ください。

機関定額制の管理者が設定できます。
詳しくは メタデータ・API - CiNii Articles のOpenURL 送信機能 をご覧ください。

全ての論文書誌情報について、Refer/BibIx 形式(EndNote、Refworks 等で利用可能な形式)、BibTex形式、TSV形式でダウンロードすることが可能です。

NII-ELS収録誌(学協会誌・研究紀要)のタイトルリスト(TSV形式)を公開ています。収録誌タイトルリストダウンロードページから入手できます。

はい。CiNii ArticlesおよびBooksは、OpenURLの受信者(ターゲット)の機能を持っています。
また、CiNii Articlesでは、OpenURLの発信者(ソース)の機能を持っています。

(1) CiNii Articles から図書館OPACやリンクリゾルバ(データベース等の論文情報から、本文等のリソースや図書館OPAC等へのリンクを作るシステム)へリンクする。
OpenURL1.0、0.1に対応。
※機関定額制をご利用いただいている機関のみ、機関担当者が設定できます。
くわしくは「OpenURL送信機能について」をご覧ください。

(2) リンクリゾルバ等からCiNiiの各レコードへの直接リンクする。
くわしくは「CiNii Articles のOpenURL 受信機能」、「CiNii BooksのOpenURL 受信機能」をご覧ください。

OpenURL送信機能を使って、CiNii ArticlesからOPACにリンクを貼ることができます。(ISSN及びNCIDによるリンク)

※機関定額制をご利用いただいている機関のみ、機関担当者が設定できます。
くわしくは「OpenURL送信機能について」をご覧ください。

目録所在情報サービス(NACSIS-CAT)参加館は、自館のOPACがNCIDでリンクを受ける機能を持っていれば、NACSIS-CATの参加組織情報に追記することで、CiNii Booksに自館OPACへのリンクを表示されるようになります。 くわしくは「OPACリンクのアイコンをクリックできません」をご覧ください。

検索結果のRSSを購読することで、新規に登録された情報を自動で受け取ることができます。

くわしくは「CiNii全般 - メタデータ・API」のOpenSearch」をご覧ください。