NII-REO - メタデータ・API - OpenSearch機能について(HSS)

OpenSearch機能とは

NII-REO(HSS)は、OpenSearchでの検索に対応できます。ここでは、OpenSearchでの検索の基本的な使い方を説明します。

A. ブラウザの検索バーでNII-REO(HSS)を論文検索する

A-1. Firefoxの検索バーでNII-REO(HSS)を論文検索する

  1. Firefoxの検索バーをクリックし、"HSS OpenSearch"を選択します。


  2. 検索バーにキーワードを入力すると、ブラウザに論文検索結果画面が表示されます。

A-2. Safari(macintosh)の検索バーでNII-REO(HSS)を論文検索する

  1. 検索バーをカスタマイズするプラグインをインストールします。ここでは、glimsというプラグインを使用します。
  2. glimsをインストールし、設定画面を開き、「検索エンジンリスト」→「追加」を選択します。

  3. 名前に「NII-REO HSS OpenSearch」を入力し、クエリURLに「http://reo.nii.ac.jp/hss/opensearch?keyword=#query#」を入力し、追加を押します。

  4. Safariの検索バーをクリックし、NII-REO HSS OpenSearchを選択します。

  5. 検索バーにキーワードを入力すると、ブラウザに論文検索結果画面が表示されます。

A-3. Internet Explorerの検索バーでNII-REO(HSS)を論文検索する

  1. Internet Explorer(7以上)の検索バーをクリックし、「HSS OpenSearch」を選択します。

  2. 検索バーにキーワードを入力すると、ブラウザに論文検索結果画面が表示されます。

B. 文書検索のOpenSearchのクエリをNII-REO(HSS)にリクエストする

OpenSearchのクエリを作成し、HSSにリクエストすることで、HSSの画面での論文検索と同等な検索を行うことができます。

  1. クエリ例:
    http://reo.nii.ac.jp/hss/opensearch?keyword=library&count=20&start=1&lang=&title=library&author=&affiliation=&journal=&issn=&volume=&issue=&page=&publisher=&references=&year_from=&year_to=&range=&sortorder=&format=rss
  2. クエリ仕様
    http://reo.nii.ac.jp/hss/opensearch?(パラメータ=値)& (パラメータ=値)&…&(パラメータ=値)です。

    クエリを構成する各パラメータは以下のとおりです。
    No. パラメータ 内容
    1 format レスポンス形式
    デフォルトはxhtml(通常の検索一覧画面)。rss・atomを指定できる。rss・atomのフォーマットは後述。
    2 collection コレクションIDを指定する。
    指定しない場合は、全コレクションが対象となる。
    3 keyword 検索キーワードで検索する。
    4 title タイトルで検索する。
    5 from 出版年(From)で検索する。4ケタの数値。
    6 to 出版年(To)で検索する。4ケタの数値。
    7 contain 図表タイプで検索する。
    アルファベット1文字を指定する。T(able):図表、 M(ap):地図、 P(icture):写真
    8 target 検索対象を次の3つから選択する。entire:全体(本文+書誌情報)、fulltext:本文、record:書誌情報
    指定しない場合はentireが選択される。
    9 start レコード開始位置を指定する。
    指定しない場合は、1となる。
    10 count レコード取得最大件数を指定する。1以上、200以下
    指定しない場合、formatがxhtmlの場合は20、rssやatomの場合は100となる。
    11 sortorder ソート条件を次の4つから選択する。ealiest:年代(昇順)、recent:年代(降順)、title:タイトルアルファベット順、relevance:キーワード一致率順
    指定しない場合は、earliestが選択される。
    12 hcpp_subject HCPPの主題で検索する。
    13 hcpp_author HCPPの委員長・提出者で検索する。
    14 hcpp_session HCPPの会期で検索する。
    15 hcpp_doctype HCPPの文書タイプで検索する。
    16 hcpp_pagenum 出版年(From)で検索する。
  3. RSS1.0 レスポンスフォーマット仕様
    No. タグ名 必須 内容 備考
    第1階層 第2階層 第3階層 第4階層 第5階層 属性
    1 xml           必須 XML文書であることを宣言 <?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
    2 rdf:RDF           必須 文書のルート要素 xml:lang属性には返却する言語を記述する。xml:lang以外の属性は以下の文字列を記述する。
      <rdf:RDF
    xmlns xmlns="http://purl.org/rss/1.0/"
    xmlns:rdf xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
    xmlns:rdfs xmlns:rdfs="http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#"
    xxmlns:dc xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"
    xmlns:prism xmlns:prism="http://prismstandard.org/namespaces/basic/2.0/"
    xmlns:opensearch xmlns:opensearch="http://a9.com/-/spec/opensearch/1.1/"
    xml:lang xml:lang=”ja”>
    3   channel       rdf:about   リクエストされたURI  
    4     title         タイトル 「NII-HSS OpenSearch -」にクエリを連結したもの。
    <title>NII-HSS OpenSearch - information </title>
    5     link         リクエストされたURI  
    6     dc:date         検索が行われた日時 W3CDTF表記
    7     opensearch:totalResults         検索結果総数  
    8     opensearch:startIndex         開始番号 検索結果のうち、何件目のデータから記述しているかを表示する
    9     opensearch:itemsPerPage         件数 レスポンスに何件の検索結果が含まれているかを表示する
    10     items            
    11       rdf:Seq          
    12         rdf:li     パーマリンク レスポンスに含まれる論文へのパーマリンクを列挙
    13   item       rdf:about   論文情報 rdf:aboutにはパーマリンクを記述。
    <item rdf:about="http://reo.nii.ac.jp/hss/1000000000112382/ja">
    14     title         論文名  
    15     link         パーマリンク  
    16     author         著者  
    17     category         文書タイプ  
    18     guid         文書ID  
    19     pubDate         発行年月日  
    20     dc:subject         主題  
    21     dc:pageCount         文書ページ数  
    22     dc:hitCount         キーワード一致数  
    23     dc:collection         コレクションID  

  4. Atom1.0 レスポンスフォーマット仕様
    No. タグ名 必須 内容 備考
    第1階層 第2階層 第3階層 第4階層 属性
    1 xml         必須 文書がXMLであることを宣言 <?xml version="1.0"encoding="UTF-8" ?>
    2 feed         必須 文書のルート要素 xml:lang属性には返却する言語を記述する。xml:lang以外の属性は以下の文字列を記述する。
      <feed
    xmlns xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom"
    xmlns:dc xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"
    xmlns:prism xmlns:prism="http://prismstandard.org/namespaces/basic/2.0/"
    xmlns:opensearch xmlns:opensearch="http://a9.com/-/spec/opensearch/1.1/"
    xml:lang xml:lang=”ja”>
    3   title         フィードのタイトル 「NII-HSS OpenSearch -」 に検索語を連結したもの。
    <title>NII-HSS OpenSearch - information </title>
    4   link     href=   クエリのURI
    5   id         クエリのURI link要素と同じ
    6   updated         検索が行われた日時 W3CDTF表記
    7   opensearch:totalResults         検索結果総数  
    8   opensearch:startIndex         開始番号 検索結果のうち、何件目のデータから記述しているかを表示する
    9   opensearch:itemsPerPage         件数 レスポンスに何件の検索結果が含まれているかを表示する
    10   entry         検索結果の情報を格納するコンテナ  
    11     author       著者  
    12     category       文書タイプ  
    13     id       文書ID  
    14     link       書誌URI パーマリンクを表示
    15     published       発行年月日  
    16     title       タイトル  
    17     updated       発行年月日  
    18     dc:subject       主題  
    19     dc:pageCount       文書ページ数  
    20     dc:hitCount       キーワード一致数  
    21     dc:collection       コレクションID