CiNii Articles - ご利用区分について

ご利用区分一覧

CiNii Articles では、ご利用者が所属している機関や、ID取得の有無によって、大きくわけて4種類のご利用区分があります。
ご利用区分によって、できることや料金体系が若干変わります。それぞれのメリットを把握したうえでご自分に最適な利用法を選んでください。

ご利用者区分 登録料金
(年額)
本文コンテンツ提供条件区分 お支払い方法
オープンアクセス 定額アクセス可能 有料
定額機関内でのご利用
ID未取得
0円
0円
0円
550~3,132円
Pay Per View
クレジットカード決済のみ
※3
定額機関に所属される方
サイトライセンス個人IDでログイン
0円
0円
0円
※1
64~2,646円
※2
クレジットカード決済のみ
※3
定額機関に所属していない方
個人IDでログイン
2,160円
0円
64~1,134円
※2
64~2,646円
※2
クレジットカード決済のみ
※3
定額機関に所属していない方
ID未取得Pay Per View利用
0円
0円
540~1,620円
550~3,132円
Pay Per View
クレジットカード決済のみ
※3

※1 定額制機関内の端末からのアクセスでも、「サイトライセンス個人ID」でなく「個人ID」でログインしていると利用料金が発生しますのでご注意ください。
※2 自学会員には料金優待を設けている学会もありますので、利用者情報として所属学会を登録することをおすすめします。
※3 デビットカードはご利用になれません。

定額制機関とは>>

ご利用区分1- 定額制機関に所属している教員または学生

  • 所属している機関が、法人単位のご利用「定額制機関」となっている場合、所属機関内の端末を使用すれば、とくにIDを取得しなくても「定額アクセス可能」のコンテンツをご利用できます。
  • 「有料」の本文をID登録しないで利用する場合は、その都度払いの「Pay Per View利用」が可能です。
    詳細はPay Per Viewでのご利用へ>>

ご利用区分2- 定額制機関に所属し、かつサイトライセンス個人IDも取得する

  • 定額制機関に所属している人はどなたでも無料で、「サイトライセンス個人ID」を取得できます。
    取得すると、 自宅や外出先のパソコンからでも、定額制機関内と同じサービスを受けることができます。
    「有料」の本文も安価な料金が適用され、Pay Per View利用よりもお得です。なお、所属機関の学内認証システムによるログイン(Shibbolethログイン)でも、サイトライセンス個人IDと同等の利用が可能です。
    詳細はサイトライセンス個人IDでのご利用へ>>

ご利用区分3- 所属機関に関係なく、個人のIDを取得する

  • 定額制機関に所属していても、していなくても、どなたでも取得できるのが「個人ID」です。
    個人IDの取得には、年額2,160円の登録料がかかります。
    有料の本文も安価な料金が適用され、Pay Per View利用よりもお得です。
    詳細は個人IDでのご利用へ>>

ご利用区分4- 定額制機関に所属せず、IDも未登録のままで利用する

  • 特にIDを取得しなくてもPay Per View料金で有料の本文をご利用できます。
  • Pay Per View料金はご利用の都度、クレジットカードで決済していただきます。
  • Pay Per View料金は少々割高な設定となっておりますので、何度かご利用になる予定がある方は、個人IDの取得がおすすめです。
    詳細はPay Per Viewでのご利用へ>>

定額制機関とは

「定額制」とは大学、図書館、民間企業など、法人単位でお申込みいただくご利用方法です。所属する常勤の教員もしくは研究者数(学生・院生・事務職員は除く)を基礎数とした年間固定料金のご契約により、CiNii Articlesの全ての機能と、NII電子図書館の学会誌の論文本文のうち「定額アクセス可能」の論文本文を自由にご利用いただけます。