よくある質問 - 機関認証について

2022年4月より、Google Analyticsを用いた利用統計をお使いいただけます。ご使用される場合は、利用統計準備手順をご参照ください。

各大学の発行するユーザIDで様々なサービス(電子ジャーナル、データベースなど学術コンテンツを中心に)を共通利用するために、大学とサービス提供者との間で認証を信頼し合う仕組みです。
国内では、大学(学術機関)とサービス提供者との連合体である「学認:GakuNin」がShibboleth認証の枠組みとなっています。
大学からの参加を受け付けていますので、詳しくは「学認:GakuNin」のページをご覧ください。

機関認証申請画面から設定できます。
詳しくは OpenURL 送信機能 をご覧ください。

機関認証の申請はWeb上から行えます。

機関認証をご希望の法人のみなさまへ

システム登録作業や接続テストを行う時間が必要ですので、利用開始希望月の前月の20日までに利用申請をお願いいたします。

機関認証利用申請画面から更新申請を行ってください。更新申請については、詳細は機関認証更新申請手順をご参照ください。

機関認証利用申請画面から「Shibboleth連携情報設定」の「jao」を設定し、更新申請を行ってください。更新申請については、詳細は機関認証更新申請手順をご参照ください。

なお、大学のキャンパス毎に機関認証を利用している場合など、複数の登録機関で、同一のIdPを使用する場合は、jao+jaou、o+ouが重複しないように、他のキャンパス等の部署とご調整ください。

機関認証利用申請画面からパスコードの再発行を行ってください。パスコードの再発行については、詳細はパスコード再発行手順をご参照ください。

※ 連絡担当者のメールアドレスが不明な場合は、 cir-auth-req@nii.ac.jpにご連絡ください。

機関認証利用申請画面からパスコードの再発行を行ってください。パスコードの再発行については、詳細はパスコード再発行手順をご参照ください。

※ 連絡担当者のメールアドレスが不明な場合は、 user-request@nii.ac.jpにご連絡ください。

機関認証利用申請画面から更新申請を行ってください。更新申請については、詳細は機関認証更新申請手順をご参照ください。

※ 連絡担当者のメールアドレスが不明な場合は、cir-auth-req@nii.ac.jpにご連絡ください。

同一の「OpenURL,OPACグループ名称」に、複数のIPアドレス範囲が含まれている場合は、最初のIPアドレス範囲にだけ設定すればよいです。詳細は、CiNii ResearchのOpenURL 送信機能をご覧ください。

2021年度以前の利用統計のデータの取得をご希望の場合、cir-auth-req@nii.ac.jp 宛に機関名と管理者ID(SLMで始まるID、不明であれば省略可)をご連絡いただきたく、よろしくお願いいたします

機関認証の申請に関するマニュアルは以下があります。

以下のような作業を行った場合、「すでに受付完了、または、失効された申請です」というメッセージが出ます。

  • 同一人物が、一度クリックしたURLを再度クリックした。
  • メーリングリストで受信しており、別の職員がURLをクリックした後に、クリックした。
このメッセージが出た場合、正常に表示されている画面があれば、その画面を使用し、なければ、お手数をおかけしますが、「パスコード再発行」「登録内容の復元」など当該メールが送信される作業を再度実施していただきたく、よろしくお願いいたします。

機関認証を利用中の機関で、「サービス利用」の「利用再開」にチェックが入っていると、「すでに サービス利用 が更新されています。」というメッセージが出ます。「サービス利用」の「利用再開」にチェックを外して、更新申請を行ってください。